凡人の追憶

映画、音楽、しようもない日々について駄文で連ねます。

大学院生の「親孝行したいな。」という話

私立大学大学院2年の私は、親のスネをかじりにかじって生きてきた。

しかも地方から地方私立へと渡り、大学院進学の理由は就活逃避であった。つまり負担をかけまくった。なのにろくに研究もせず、そこそこのものを食べて、だらだらと生活してこれた。

大学院に進学してから10万そこそこの仕送りを食い潰すことに流石に申し訳なさを感じ、生活費をまかなえる程度のバイトをし始めたが、仕送りは途切れることなく、口座残高は膨らみ続けている。

両親としては、生活費のことはいいから研究に傾注してほしいというのが本音だろう。とは言え、一部の金銭的な自立は私の精神を安定させた。

そんな私であるが、一応就職が決まり、ようやく今春から金銭的に完全な自立をすることとなった。両親の24年に及ぶ私への長期投資が満了を迎えるのだ。まじで両親おつかれ。

学生生活も残り4ヶ月となったこの頃、両親への感謝が募り始めた。親孝行したい。

孝行息子になるために、決め事しておきたいと思う。(以下、決め事)

・年に2回は実家へ帰り、元気な顔を見せる

・定期的に電話をする

・旅行へ連れて行く

・妹(今春から大学生)の生活費の一部を出す

・孫の顔を見せる(現在彼女なし、詳しくは過去記事:赤羽橋ファンクで元気になろう

・たばこをいずれやめる

・愛のないセックスは絶対にしない

 

この7か条を胸に刻み、これから生きていこうと思う。

両親・家族への想いが、自分の辛い時期の支えになってくれるはずだ。親孝行は自分孝行でもあるんじゃないかな(適当)。勤労感謝の日に連絡しなかった自分を呪いつつ、両親にありがとうを言える人間になりたい。

Gracias, mamá y papá