凡人の追憶

映画、音楽、しようもない日々について駄文で連ねます。

矢島舞美と疎遠

はじめまして、matsamanといいます。

 

昼間からラガー片手に「ジョン・ウィック」

という、いつもどおりの日曜を過ごしていたが、

夕方ごろになって、TOMOVSKYの「疎遠」という曲を聴いてしまった。

 

映画を観終わり一息、

℃-uteのfemme fatale、矢島舞美クンのIVで世話になろうYouTubeを開いたのであるが、

あなたへのおすすめ にあった「疎遠」を、ついクリックしてしまったのである。

(ちなみに、IV(イメージヴィデオ)でするのは童貞だ。という向きがあるみたいだが、これについてはコメントを差し控えたいと思う。)

 

さて、その「疎遠」であるが、

友人と疎遠になってゆくメカニズムが綴られているのだ。

引用すると、

わざわざ報告するほど

良くもないし悪くもない

中途半端が長引いて

インターバルが広がってく

 

こっちの気分がハイでも

あっちはそうでも無いかも

変な遠慮でくすぶって

タイミングを逃してゆく  *1

 

まさにそうだよなあ。と、おセンチになってしまう。

歌詞はその後、疎遠・・・疎遠・・・ と続く。

心の臓が締め付けられていく。

 

よくある

友だちをずっと大事にしようね!

のように父権的で、表層的ではなく、

人生ってこういうものかもな。とぬるくなったラガーをあおる。

 

是非、聴いてもらいたい。

 

www.youtube.com

 

そして、再び僕は、矢島舞美が待つフィエスタへと姿を消すこととする。

 

*1:TOMOVSKY「疎遠」より